共栄火災のメリット・デメリット

共栄火災のメリット・デメリット

保険会社のメリット

共栄火災は元々、全農協・農金・信金・生協といった各種組合組織の保険普及のために設立された会社です。ですので知名度やブランド力は他の損保に劣りはしますが、経営基盤に関してはしっかりしたものを持っています。
・保険はシンプル。なので料金体系も非常に分かりやすい。
・3年までの長期契約が可能で保険料も割引になる
・長期契約中に免許証の色がゴールドでなくなってしまっても、契約終了時までゴールド免許として取り扱ってもらえる。
・帰宅、宿泊費用補償サービスがロードサービスに標準付帯
・初回保険料支払から口座振替、コンビニ払いが可能
・保険料支払自体も月払いが可能

⇒共栄火災をもっと詳しく見る保険会社のデメリット

保険料を免許証・年齢・運転者範囲で細分化してますが、この3つだけです。走行距離や使用目的などによる区分がありませんので、細分化による割引は限定的で効果も他社には敵いません。
・保険がシンプルすぎて、ユーザーに合ったプランには出来ない。
・保険料は割高傾向、大手代理店型損保より若干割高
・保険内容に特筆すべきところがなく、何がウリなのかが分からない
・とにかく地味
・契約者は馴染みの長期利用者が大勢を占める。新規で検討した場合、最終選択肢に残ることは先ずない。

⇒共栄火災をもっと詳しく見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ