「自動車保険の基礎知識」の記事一覧

自賠責保険とは?

自賠責保険は強制保険

自動車保険の基本中の基本といえるのが、「自賠責保険」です。
車の所有者に加入が義務付けられている保険ですが、うっかり期限が切れてしまうと大変なことに!
これから保険に入る方はもちろん、すでにご加入中の方もおさらいの意味でご覧ください。

なぜ任意保険が必要なのか?

被害者への償いについて

加入が義務づけられている自賠責保険(強制保険)とは違い、自分の意思で加入、非加入を決めることができるのが「任意保険」です。
自賠責保険だけでは万一の事故の際に補償が足りなくなるケースが多いため、任意保険への加入が推奨されています。

対人賠償保険とは?

過失割合で保険金額も大きく変わる

交通事故で人にケガを負わせてしまったり、死亡させてしまったりすると、加害者には損害賠償責任が発生します。
賠償金は数千万円から数億円になるケースも珍しくありません。
対人賠償は交通事故被害者のための保険なのです。

対物賠償保険とは?

対物賠償保険について

自動車に乗って事故を起こし、他人の車や家などに損害を与えてしまうと、法律上の賠償責任が発生します。
その場合に対物賠償保険から保険金額の範囲内で保険金が支払われることになります。

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは

車に乗っている人(運転手を含む)が交通事故でケガをしてしまった場合に補償を受けることができます。
またこの保険を使っても翌年の等級には影響が出ません。
人身傷害保険に加入している場合、搭乗者傷害保険を外せる、または非加入としている保険会社もあります。

自損事故保険・無保険車傷害保険

単独事故は自損事故保険

交通事故というと、相手がある事故を思い浮かべます。しかし、実際にはドライバーの不注意で起こしてしまった単独事故もあれば、相手側の当て逃げ、もしくは相手が自賠責や任意保険に入っていない場合もあります。そんな時、「自損事故保険」「無保険車傷害保険」が心強い味方になります。

車両保険について,車両保険とは?免責金額とは?

車両保険は自分の車にかける保険です。交通事故(相手の有る無しによる制限あり)、自然災害、駐車場でのいたずら、さらには飛び石でフロントガラスにヒビが入った…などなど、愛車の修理が必要になった時に保険金が支払われます。保険料は高めですが、免責金額を設定することで保険料を抑えることも可能です。

車両保険の種類について

車両保険の種類と保険内容

車両保険は自分の車の損害分を補償してくれる保険です。
補償範囲は交通事故のほか、盗難、いたずら、台風や津波などの自然災害もOKです。
車両保険の種類はオールマイティタイプと、エコノミータイプの2つが基本となります。
気になる保険料ですがオールマイティタイプはちょっぴり高く、エコノミータイプはそれなり、となっています。
愛車のグレードや年式によって車両保険の種類を選びましょう!

自動車保険の保険料の仕組みについて

保険料高い安い

自動車保険の見積もりはインターネットや電話などですっかり身近になりました。見積もりを取れば保険料はわかりますが、どのように計算されているのか、疑問に感じたことはありませんか? 保険料の仕組みと、保険会社が注目する契約者のポイントを解説します。

自動車保険に加入する時の年齢条件について

保険会社の年齢区分

自動車保険では、契約自動車を運転した際に保険が適用となる人の年齢を前もって制限しておくことで保険料を抑えられます。この年齢条件の設定の仕方で保険料に大きな差が出るケースも。
一方で、年齢条件から外れた人が運転すると事故の際に保険が適用されず補償が受けられない場合もあります。
現在の年齢条件と運転する人の年齢をもう一度見直してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ