なぜ任意保険が必要なのか?

加入が義務づけられている自賠責保険(強制保険)とは違い、自分の意思で加入、非加入を決めることができるのが「任意保険」です。
自賠責保険だけでは万一の事故の際に補償が足りなくなるケースが多いため、任意保険への加入が推奨されています。

なぜ任意保険が必要?

車の所有者が必ず加入する自賠責保険。その目的は被害者の救済を第一としています。
つまり事故に遭われた方への補償となるわけですが、ケガをされた人への補償は120万円、後遺障害を負われた方へは最高4000万円、死亡された方へは最高3000万円と保険金額が設定されています。
「それなら十分では?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際の事故では想像した以上にお金が必要になってきます。
具体的には表にあるような項目において、支払いが必要となります。
交通事故の被害者に支払う金額の内訳

被害者へのつぐないは当然の義務

被害者への償いについて被害者へのつぐないは当然の義務交通事故で人にケガをさせたり、死亡させたりしてしまうと、加害者には「刑事責任」「行政責任」のほかに、「民事責任」による損害賠償責任が発生します。
その賠償責任の支払内訳がさきほどの表となります。
近年、被害者の認定損害額は高額化の傾向にあり、賠償金額が1億円を超える事故事例も珍しくありません。
では自賠責保険の補償を超える部分をどのように補えばよいのでしょう?
もしも任意保険に加入していなければ、ほとんどの加害者は支払い不能に陥り、被害者に大変な苦しみを負わせてしまいます。
また加害者自身も二重、三重に苦しまなくてはなりません。
このような不測の事態に備えるためにも任意保険が必要となってきます。

任意保険は好みで内容を選択できる

任意保険は自賠責保険とは異なり、誰もが同じ内容で加入するわけではありません。
具体的には表のようになります。
任意保険の基本項目
対人賠償が無制限となる以外は、全ての項目で付帯の有無、もしくは保険金額の設定を選択することができます。
例えば「保険料の負担が大きいから人身傷害保険は低めにしよう」とか、「買ったばかりの車だからグレードの高い車両保険に入ろう」など加入者の好みによって選ぶことが可能なのです。
また、任意保険が自賠責保険と異なる最も大きな点は「等級」という制度があるところ。
この等級はノンフリート契約(※)のみにある制度で、最初の加入時は6等級からスタートし、1年間無事故で過ごせば1つずつ等級があがり、最大20等級となります。
事故(ダウン事故)を起こして保険を使うと、翌年は事故有等級が適用され、さらに3等級下がり、翌年の保険料が大幅にアップするという仕組です。
つまり安全なドライバーほど、保険料が優遇されるシステムなのです。

※ノンフリート契約…同一の契約者で所有台数が9台以下の契約を指します。通常、一般ドライバーはこの契約となります。

自分のケガや愛車もしっかり補償

任意保険自分のケガや愛車もしっかり補償 任意保険は被害者のケガを補償してくれるだけではありません。
「対物賠償」に加入することによって、相手の財産(車両、家屋)などを壊してしまった場合にも補償を受けられます。
相手の財産とは車両以外に、例えば「レストランに突っ込んで営業できなくさせてしまった」という場合、建物の修理費用のほか、休業補償、従業員の給与なども保険がカバーしてくれます。
さらに、加入者がケガを負ってしまった場合にも「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」「自損事故保険」などで補償を受けることが可能です。
また「車両保険」に加入していれば、自分の愛車だってしっかりカバーしてくれます。
事故は起こさないのが一番ですが、万一に備えて任意保険への加入は欠かせません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ