対人賠償保険とは?

交通事故で人にケガを負わせてしまったり、死亡させてしまったりすると、加害者には損害賠償責任が発生します。
賠償金は数千万円から数億円になるケースも珍しくありません。
対人賠償は交通事故被害者のための保険なのです。

自賠責保険の補償とは違う?

対人賠償保険とは自賠責保険の補償とは違う?自賠責保険は人への補償、つまり対人賠償保険となります。
本質は任意保険の対人賠償と変わりませんが、その補償額はケガ120万円、後遺障害最高4000万円、死亡最高3000万円と保険金額が決まっている点が異なります。
実際の事故ではこれらの金額を上回るケースが多く、時には賠償金額が数億円に達する事故もあります。
任意保険の対人賠償はそのような事態に備えるために必要不可欠な保険なのです。
そのため任意保険では対人賠償を無制限にするのが常識とされています。

高額な賠償金は個人では支払い不可能

「実際の高額事故判例と保険金支払いの内訳」の表を見てみましょう。
この2つの事例について、被害者側の過失はないものとして解説していきます。
①では被害者の方がお亡くなりになられたため、加害者の自賠責保険から3000万円が支払われます。
これにより認定損害額の一部を補えますが、約5億円が不足しています。
実際の高額事故判例と保険金支払いの内訳
②では被害者の方は後遺障害を負われました。
仮に後遺障害の等級が「要介護1級」の場合、自賠責保険から4000万円が支払われます。
これにより認定損害額の一部を補えますが、約3億6,000万円が不足してしまいます。
実際の事故では被害者の過失割合も勘案され、多少金額に変更は出るものの、高額な賠償金を個人でまかなうのは不可能でしょう。
任意保険の対人賠償でしっかりカバーしておきましょう。

対人賠償は誰のための保険?

対人賠償は被害者に対して支払われる保険ですが、全ての人が補償されるわけではありません。
対人賠償で補償されるのは「他人」に限られるのです。
対人賠償は誰のための保険?
表の「対人賠償で補償されない人」に含まれない場合は「他人」扱いとなり、補償を受けられます。
契約者の別居の親戚(別居・生計別)や近しい友人などが事故でケガをした場合でも補償を受けることができます。
例えば自分が運転し、自分の子供、親戚(別居・生計別)、親戚の子供の計4人でドライブ中に単独事故を起こした場合。
親戚とその子供は対人賠償で補償されますが、自分と自分の子供は補償を受けることができません。
なお自分の子供であっても、別居し独立している場合は補償を受けられます。
「一つ屋根の下で生活しているか?」「別居しており生計は別か?(仕送りなどをしていないか)」 …これらが「他人」か、どうかを判断するポイントになるようです。

過失割合で保険金額も大きく変わる

過失割合で保険金額も大きく変わる車と歩行者が事故を起こせば、車の過失割合が大きくなるのが一般的です。
しかし例え歩行者でも「信号を無視した」「横断禁止の道路を渡った」といった場合、相応の過失が認められ賠償金額が減額 されます。
過去に男性が車にはねられ約3億5千万円の賠償金額が認められた事故事例があります。
しかし事故の原因が、被害男性が泥酔し、横断禁止の道路の中央分離帯付近でしゃがみこんでいた点にあると判明。
被害男性に4割の過失が認められ、遺族は賠償金額から4割分の1億4千万円を差し引いた2億1千万円しか受け取ることが出来ませんでした。
このように例え歩行者ともいえども、過失割合が大きければ賠償額に差が生じます。
車を運転する際も、歩行する際も交通ルールには十分に注意しておきたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ