自賠責保険とは?

自動車保険の基本中の基本といえるのが、「自賠責保険」です。
車の所有者に加入が義務付けられている保険ですが、うっかり期限が切れてしまうと大変なことに!
これから保険に入る方はもちろん、すでにご加入中の方もおさらいの意味でご覧ください。

自賠責保険には絶対加入しないといけない?

自賠責保険は強制保険自賠責保険への加入は、義務付けられています!
自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、車の所有者に加入が義務付けられている保険です。
加入していなければ車検が通らず、一般道を走行することはできません。
もしも、なんらかの事情で自賠責保険が切れていたりすると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります(自賠責保険証明書を携帯していなければ罰金30万円以下です)。
さらに道路交通法の違反となり点数6点が減点となり一発で免許停止処分になります。
まずは車検切れにならないよう、十分にご注意を。
なおこの自賠責保険は取扱の保険会社により保険料が変わってくる…ということはありません(本州と沖縄県、離島では異なります)。
通常は車検を通される整備工場などを窓口として加入するのが一般的となります。

自賠責保険だけで補償は十分なの?

自賠責保険の補償範囲:対物・物損交通事故の被害者救済を目的とした自賠責保険ですが、「自賠責保険の補償範囲」(右表)にあるように、補償されるのは人間のみ。
建物、相手の車、自分の車、電車やバスなどの交通機関を壊してしまっても、保険金は1円も支払われず全て自己負担となります。
なお、人への補償は最高で4000万円(要介護の重度後遺障害時)、死亡時3000万円となります。
しかし、以下の表にまとめたように事故によっては高額な賠償金額になることも珍しくありません。
また、自分のケガも一切補償されません。
このような背景から、自賠責保険に加え、任意の自動車保険の必要性がクローズアップされているのです。
高額賠償の例

自賠責保険の補償範囲は?

自賠責保険の補償範囲:人物自賠責保険で補償される人はすべて「他人」とされています。
この「他人」とは血縁以外の人を指すのではなく「運転手、運行供用者以外」となります(左表参照)。
例えば車両名義人の父親が車を運転中に事故を起こし、搭乗していた家族がケガしたら、父親以外の家族は自賠責保険から補償を受けられるというのが一般的です(詳細は事故のケースで変わってきます)。
また「運行供用者」とは主に車の名義人のことを指します。
タクシーの運転手の運行供用者はタクシー会社、借りた車で事故を起こした友人の運行供用者は車の持ち主…という具合です。
事故が起きれば運行供用者も責任を問われます。
自賠責保険は補償される人は限られ、保険金額も心もとないのです。
それでも事故を起こせば、自分(車両所有者、運転手)のケガ、愛車などの財産は補償されないうえに、責任だけはしっかりのしかかってくるわけです。

もしも自賠責保険が切れていたら?

車検切れに注意!万が一自賠責の期限切れで事故を起こし、相手の方にケガを負わせた場合ですが、相手方への補償は全て自己負担となります。
賠償額が高額ともなれば、お相手の方はもちろん、ご自分の人生を棒に振るような痛手をこうむることになりかねません。
交通事故の被害者救済のためにも、期限切れ(車検切れ)にはくれぐれもご注意ください。
これは、任意保険にご加入中の方も同様で、「対人無制限だから自賠責は切れていても大丈夫」とはなりません。
例えば被害者が死亡して損害額が1億円だった場合。通常、自賠責から3000万円、任意保険から7000万円が支払われるのですが、自賠責が切れていたら3000万円は自己負担となってしまいます。
自賠責保険、任意保険の両方に加入して万一の事故にしっかり備えておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ