運転者限定の特約・割引について 

様々な条件のもとに成り立つ自動車保険。諸条件が組み合わさることで、保険料に差が出る仕組みです。
保険料を安くするために効果的なのが、運転する人を限定してしまうこと。
誰でも運転OKなら「限定なし」で保険料は高いままですが、家族だけ、夫婦だけ、本人だけ…と限定することで保険料を安くできます。

運転者限定ってどんな状態?

運転者限定ってどんな状態?自動車保険の見積もり時、「その車を運転する人はどなたですか?」というような設問があります。
その際、運転する人を「自分だけ」「家族だけ」「友人知人も運転する」のように特定の人に限定するのが運手者限定です。
では運転者を限定するとどうなるのでしょう?
 例えば「運転する人を家族に限定」すると、友人や他人がその車を運転して起こした事故は補償されなくなってしまいます。
つまり補償される人が少なくなればなるほど、事故の危険度が下がるので保険料が安くなるという仕組です。

すべての自動車保険で運転者を限定できる?

運転者を限定できるのは任意保険のみとなり、自賠責保険では運転者限定は出来ません。
また、限定のタイプ(下図参照)は各保険会社によって異なります。
「家族限定」はほとんど全ての保険会社が採用していますが、「本人・夫婦限定」は取扱数が少なくなります。

家族限定の家族って誰のことを言う?

家族限定の「家族」とは一般で言う家族とはかなり異なります。
運転者家族限定割引における家族とは、具体的には家族限定の家族になります。
家族限定の家族とは、血族・姻族の親等に関わらず、契約者と同居している家族は保険上の「家族」と見なされ、家族限定がついていても運転OKとなります。
ところが隣同士の親戚、結婚して近所に居を構えた子供などが車を運転する場合、もしも家族限定がついていたら万一の場合、補償が受けられません。この点はくれぐれもご注意ください。
また保険会社ごとに判断が分かれるのが二世帯住宅です。
「住居の入口が一つなら一世帯」「水回りが別々なら二世帯」など、会社によって意見はまちまち。
二世帯住宅にお住まいの方は必ず保険会社にご確認ください。

運転者家族限定の「家族」とは

記名被保険者

その車を最も使う人のこと(通常、契約者本人)

記名被保険者の配偶者

婚姻関係はもちろんだが、内縁上の関係を含むかは各保険会社の判断による

記名被保険者または配偶者の同居の親族

夫婦間で別居していも、夫婦のいずれかと親族が同居していれば補償可能

記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

主に仕送りを受ける学生など自立していない子供を指す。
過去に結婚暦があった場合、別居の未婚の子と見なすかは、各保険会社の判断による

運転者を賢く限定するコツ

運転者を賢く限定するコツ等級にもよりますが、運転者限定アリとナシとの保険料の差は1万円を超えることも珍しくありません。
ですが、「たまに友人が運転する」「年に一度、グループで運転を代わりながら旅行する」という理由から本人限定や家族限定をつけていないケースもあります。
頻度にもよりますが、年1回程度という場合、まずは限定アリで契約し、必要に応じて保険会社に一本ご連絡を。
例えば、「8月1日から限定を外したい」とリクエストすれば、その日にちから日割り計算で保険料を算出してくれます。
差額は追加で支払うことになりますが、限定ナシの期間が終わったら、再度限定アリに戻すことで、今度は保険料が戻ってくる場合も。
結局はソコソコの金額で万全の補償を受けられるので、覚えておいて損はないと思います。
また万が一、他人の「家族限定アリ」の車を運転してしまい、事故を起こし、誰かに被害を与えた場合。
運転者が自分の車で任意保険に加入し「他車運転危険担保特約」をつけていれば、補償されるかもしれません。
これは、対人賠償、対物賠償に限って、自分の保険が使えるという特約です。
しかし、この特約の目的はあくまで被害者救済が中心。
自分や家族が大けがをしても保険金がおりないケースもあるので、くれぐれも思い違いのないようお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ